undercurrent1.jpg

Undercurrent

Bill Evans
アンダーカレント /ビル・エバンス
Undercurrent FavoriteLoadingお気に入りに追加
録音年月日:1962
録音場所:ニューヨーク
レーベル:Blue Note
参加アーティスト:
Bill Evans,piano
Jim Hall,guitar
収録曲:
MY FUNNY VALENTINE [alternate take] ( Rodgers-Hart )
MY FUNNY VALENTINE ( Rodgers-Hart )
I HEAR A RHAPSODY ( Fragos-Baker-Gasparre-Bard )
DREAM GYPSY ( Veevers )
STAIRWAY TO THE STARS ( Malneck-Signorelli-Parish )
I'M GETTING SENTIMENTAL OVER YOU ( Bassman/Washington )
ROMAIN ( Jim Hall )
ROMAIN [alternate take] ( Jim Hall )
SKATING IN CENTRAL PARK ( John Lewis )
DARN THAT DREAM ( DeLange-Van Heusen )

解説: エバンスにとっては初の試みとなったギターとのデュエット。ジム・ホールとの競演。現在ではブルーノートの出版だが、当時はUnited Artists(UA)というレーベルから発表。高級紙を使い、印象的な写真をあしらったジャケットと裏腹に、UAはせっかくの企画を大げさで痛々しいライナーノーツはやりすぎだ、との批判もあるが、音楽の評判はさすがエバンス。原版には30分余りの録音でしかなかったが、その中に二人が詰め込んだアイディアの量の豊富さ、少し押さえ気味の音量で色づける音などがすばらしい。ここの力量も当然のこと、その2つの感性の融合への評価はいっそう高い。マイ・ファニー・バレンタインはよくバラードとして演奏されるが、このアルバムではアップテンポな曲として披露される。エバンスのソロの間、ホールは単音のベースラインでエバンスをサポートするが、エバンスは特にこの部分を楽しんでいるようだ。

    Bill Evansが参加している他のアルバム
  • alone_again1.jpg
  • artistry_of_bill_evans1
  • new_c1.jpg
  • waltz_for_debby1.jpg
  • turn_out1.jpg
  • bill_evans1.jpg