time_out1.jpg

Time Out

Dave Brubeck Quartet
タイム・アウト /デイヴ・ブルーベック・カルテット
Time Out FavoriteLoadingお気に入りに追加
録音年月日:1959
録音場所:ニューヨーク
レーベル:Columbia
参加アーティスト:
Dave Brubeck, piano
Paul Desmond, alto sax
Eugene Wright, bass
Joe Morello, drums

収録曲:
Blue Rondo a la Turk
Strange Meadowlark
Take Five
Three to Get Ready
Kathy's Waltz
Everybody's Jumpin'
Pick up Sticks

解説: インストゥルメンタル・ジャズとしては珍しくミリオンセラーとなったTake Fiveを収録したこのアルバムは、5/4拍子のTake Fiveをはじめ、9/8拍子のBlue Rondo a la Turk、4/4と3/4が混同するKathy's WaltzやThree to Get Readyなど、聴いているだけでテンテコマイになってしまう内容が何度聴いても飽きません。(個人的にBlue Rondo a la Turkのテーマ部分は単純に4/3拍子であると結論付けました。ピアノは1拍3連でベースは1小節中最初の2拍を3連符で、3拍目は4部音符であるとすると数えやすいです。)

このような拍のとり方をバラエティに富んだ手法で取り入れた本作は「Time Out」というタイトルで、直訳すれば「時間切れです」が、固定的であった4/4や3/4拍子という「時間からの開放」という意味もあるのではないかと思います。

でもそういった理屈ぬきに聴いていて楽しいですし、デイブ・ブルーベックさんのメロディーメーカーとしての素晴らしさにただただ感動するばかりですし、デスモンドさんの優しいサックスの音色や、バンド全体の雰囲気を大切にするモレロさんのドラミングなど、どれをとっても最高のジャズアルバムで歴史に残る名盤であって当然だと思います。

    Dave Brubeck Quartetが参加している他のアルバム