someday_mpwc1.jpg

Someday My Prince Will Come

Miles Davis
いつか王子様が /マイルス・デイビス
Someday My Prince Will Come FavoriteLoadingお気に入りに追加
録音年月日:1961
録音場所:ニューヨーク
レーベル:Columbia
参加アーティスト:
Miles Davis, trumpet
John Coltrane, Hank Mobley, tenor sax
Wynton Kelly, piano
Paul Chambers, bass
Jimmy Cobb, Philly Joe Jones, drums
収録曲:
Someday My Prince Will Come
Old Folks
Pfrancing
Drad-Dog
Teo
I Thought About You
Blues No. 2
Someday My Prince Will Come [Alternate Take]

解説: Sonny Stittが去った後に録音されたアルバム。当時どのトラックで誰が演奏していたか明確にされていなかった経緯もあり、ライナーノーツやダウンビート誌では修正録音をした可能性があると過小評価してしまったようだ。確かにプロデューサーのTeo Maceroはこのアルバム以前にテープをつなぎ合わせたりする作業に着手していたようだが、マイルスはそれをむしろ楽しんでいた。些細な情報の行き違いから生じた誤解だが、マイルスは「音楽は聴いた人間が評価すればいい」とライナーノーツの掲載をしないようColumbiaに要求している。
アルバムジャケットに女性を掲載するようになったのもこの作品からで、ここでは恋人のフランシス・テイラーがジャケットを飾っている。Pfrancingは彼女へ送った作品で、後にNo Bluesとタイトルを変えている。
1956年のクィンテットと変わらずミュートを多用し、歌うことに力を入れているマイルスの音楽への愛情がよく現れている美しい作品。Old FolksやI Thought About Youのバラードは絶品だ。

    Miles Davisが参加している他のアルバム
  • cookin1.jpg
  • miles_smiles1.jpg
  • ballads1.jpg
  • sorcerer1.jpg
  • berlin1.jpg
  • nefertiti1.jpg