relaxin1.jpg

Relaxin’ with the Miles Davis Quintet

Miles Davis Quintet
リラクシン /マイルス・デイビス・クィンテット
Relaxin’ with the Miles Davis Quintet FavoriteLoadingお気に入りに追加
録音年月日:1956
録音場所:ニュージャージー
レーベル:Prestige
参加アーティスト:
Miles Davis, trumpet
John Coltrane, tenor saxophone
Red Garland, piano
Paul Chambers, bass
Philly Joe Jones, drums
収録曲:
If I Were a Bell You're My Everything I Could Write a Book Oleo It Could Happen to You Woody 'N You

解説: マイルス・デイビスの最初のクィンテットによる不滅の4部作の2作目。スタンダード中心の編成となった。2曲目のYou're My Everythingはスタートでマイルスがレッド・ガーランドのイントロを口笛で中断させ、ブロックコードを使ったイントロに変えるように指示するシーンもある。最後のWoody 'N Youのみトランペットがオープンで、あとはすべてミュートだ。たとえアップテンポのOleoでもだ。この曲でソリストとベースがデュオになる場面があるが、押し引きのあるバンドの演出がとても心地よい。このマイルスはフランク・シナトラやナット・キング・コールなどのボーカリストからも大きな影響を受けたと自認している。それゆえかこれらのミュートサウンドはやさしく甘く響く。マイルスの歌を聴けるアルバムだ。

    Miles Davis Quintetが参加している他のアルバム