benny_place1.jpg

Place to be

Benny Green
プレイス・トゥ・ビー /ベニー・グリーン
Place to be FavoriteLoadingお気に入りに追加
録音年月日:1994
録音場所:ニュージャージー
レーベル:Blue Note
参加アーティスト:
Benny Green, piano
Christian McBride, bass
Kenny Washington, drums
Byron Stripling, trumpet
John Clark, french horn
Delfayo Marsalis, trombone
Herb Besson, tuba
Jerry Dodgion, flute, alto flute, alto sax
Gary Smulyan, baritone sax

収録曲:
Nice Pants
Playmate
I Want to Talk About You
Place to Be
I Felt That
Pensativa
One of Another Kind
Which Came First?
Noreen's Nocturne
Concertina
Gravy Waltz
Folks Who Live on the Hill

解説: クリスチャン・マクブライドとケニー・ワシントンを従えたトリオによるアルバムだが、1,3,5トラックには管楽器を交えたアレンジを施している。スタンダードや民謡、影響を受けたアーティスト達の曲を取り入れた上に自身の作曲も加えることが今後の行く末を暗示しているようで、The Place to be(行き着く場所)とは当時のベニー・グリーンにぴったりのタイトルだ。

演奏内容もバラエティに富んでいて、ノリのいいスウィングのNice Pantsに始まり、ひたすらスピードを求めたPlaymate、そしてやさしいイントロのI Want to Talk About Youなど、ベニー・グリーンの持つ要素を前半で充分に披露している。もちろん残りの曲も充分に楽しめる内容で、ラテン、ソロピアノなど多彩な才能を発揮している。

伝統的なジャズのエッセンスを残しつつ、1990年代のピアニストとして、より洗練されたテクニックと音色やアレンジもはっきりしていて、ベニー・グリーンのエンターテイナーとしての才能がたくさん詰まっている。とても内容の濃いアルバムだ。

    Benny Greenが参加している他のアルバム
  • kaleidoscope1.jpg
  • benny_place1.jpg
  • greens_blues1.jpg
  • benny_funky1.jpg
  • benny_oscar1.jpg