people_time1.jpg

People Time

Stan Getz
ピープル・タイム /スタン・ゲッツ
People Time FavoriteLoadingお気に入りに追加
録音年月日:1991
録音場所:コペンハーゲン、カフェ・モンマルトル
レーベル:Verve
参加アーティスト:
Stan Getz,tenor saxophone
Kenny Barron,piano
収録曲:
Disc1
East of the Sun (And West of the Moon)
Night and Day
I'm Okay
Like Someone in Love
Stablemates
I Remember Clifford
Gone With the Wind

Disc2
First Song (For Ruth)
There Is No Greater Love
Surrey With the Fringe on Top
People Time
Softly, As in a Morning Sunrise
Hush-A-Bye
Soul Eyes

解説: 1991年3月3日から6日までの4日間のコンサートを収録した本作は、辛くもスタン・ゲッツにとって最後の作品となってしまった。ピアニストのケニー・バロンはライナーノーツでこの作品にいたるまでのスタントの交流を通じて感じた彼の人間的な温かみや演奏に注いだ情熱を語り、スタンへの尊敬を表している。実際の演奏でも、スタンの病を感じさせない美しく力強い音色が響き渡り、彼の音楽の深さを鮮明に聴き取ることができる。
ピアニスト、ケニー・バロンはこのデュオアルバムで彼の持つ技術を存分に披露し、また多彩なアイデアと豊富な音色を見事に発揮している。ピアニストにとって、ベーシストのいないデュオではその表現領域に大きく差が出るものだが、バッキング、コンピングではウォーキングベースからバド・パウエル風なモダンジャズスタイル、さらには左手のストライド奏法までと、2枚組みのCDとあってかリスナーを飽きさせない内容だ。
BGMとして申し分のない素敵なムードメーカーとなる作品だが、同時に2人の音楽家の深い芸術性を味わうことができるアルバムだ。

    Stan Getzが参加している他のアルバム
  • people_time1.jpg
  • getz_bossa1.jpg