majestic1.jpg

Majestic Original Motion Picture Soundtrack

Soundtrack
マジェスティック /サウンドトラック
Majestic Original Motion Picture Soundtrack FavoriteLoadingお気に入りに追加
録音年月日:2001
レーベル:Hollywood Records
参加アーティスト:
Sid Page, concertmaster
Rich Ruttenberg, solo piano
Jim Kanter, solo clarinet
Tom Boyd, solo oboe
Sid Page and David Speltz, ambient string speialist
Isak Rahm, prepared piano
The Spencery Wyatt Big Band -
Chuck Berghofer, bass Grant Geissman, guitar Jim Cox, piano Pete Erskine, drums Eddie Daniels, clarinet/saxophone Pete Christleib, saxophone Gordon Goodwin, saxophone Bob Findley, trumpet Alex Iles, trombone Larry Bunker, vibes Jim Cox, boogie woogie piano solos
Nat King Cole
The Mills Brothers
Chet Baker
Mark Isham
収録曲:
Blue Note Boogie
Orange Colored Sky
Begin the Beguine
Stranger on the Shore
Boogie Woogie Stomp
Paper Doll
Dizzy [Piano Version]
Blues in the Bucket
Aunt Hagar's Blues
Over the Rainbow
I Remember You
Bridge
Luke and Adele
Majestic- And the Magic

解説: 第2次世界大戦後のハリウッドが舞台となったジム・キャリー主演の映画「マジェスティック」。同時代を思わせる舞台セット、衣装などにあわせて、音楽も当時流行のジャズを主流とした内容になっている。

小気味良い左手の5度6度のスイングでスタートするBlue Note Boogieをイントロダクションとすれば、ナット・キング・コールのOrange Colored Skyは時代背景の提示であり、エンディングのI Remember Youでも重要なトリを担う。Blue Note Boogieの途中までのピアノソロも含めれば、本作は4曲のピアノ独奏曲が含まれ、そのいずれもがブルースだ。Boogie Woogie Stomp、Dizzyなどのスピーディなスウィングは思わず体を動かしたくなるようなダンスナンバー。このJim Coxというスタジオミュージシャンがなぜもっと表舞台に出てこないのか不思議だ。Stranger on the Shoreもこの映画のために作曲されたものだが、スタンダードナンバーのように美しいメロディを、バラードとミディアムスウィングの2部編成で聞かせる。途中Paper Doll、Over the Rainbowなど当時のヒット曲をオリジナルのまま収録しているところが時代背景のリアリティを高める。

ジャズピアノファンなら是非聴きたいサウンドトラック。

    Soundtrackが参加している他のアルバム