freedom_itg1.jpg

Freedom in the Groove

Joshua Redman
フリーダム・イン・ザ・グルーヴ /ジョシュア・レッドマン
Freedom in the Groove FavoriteLoadingお気に入りに追加
録音年月日:1996
録音場所:ニューヨーク
レーベル:Warner Bros.
参加アーティスト:
Joshua Redman,soprano,alto,tenor saxophone
Peter Bernstein,guitar
Peter Martin,piano
Christopher Thomas,bass
Brian Blade,drums
収録曲:
Hide and Seek
One Shining Soul
Streams of Consciousness
When the Sun Comes Down
Home Fries
Invocation
Dare I Ask?
Cat Battles
Pantomime
Can't Dance

解説: タイトルの「Freedom in the Groove」とは「グルーヴ中の自由」と直訳するより「自由なグルーヴ」つまりこれまでグルーヴを超えた新しいグルーヴ感を求めたという意味が込められているように見える。というのも、全曲ジョシュア・レッドマン本人の作曲で構成されていること、12小節のブルースを16小節や8小節にアレンジしなおした曲を取り入れていること、そのほかフリージャズの要素を取り入れたりなど、それまでの伝統をことごとく裏切っているからだ。裏切るというのは無論良い意味で、そのどれもが痛快である。ジョシュア・レッドマンはサクソフォニストというフロントマンにしてリズム感、アレンジ能力どれをとっても痛快だ。イントロを1人で2パートっぽく聴かせたり、ギターをフロントに持ってきてサックスのパッセージはバッキングだったり、そのどれをとっても過去に類を見ないアイディアがまさに自由である。ジャズ以外にも映画の出演など活動が幅広く、今後が楽しみなミュージシャンだ。

    Joshua Redmanが参加している他のアルバム
  • remembering_bp1.jpg
  • eastwest1.jpg
  • freedom_itg1.jpg
  • back_east1.jpg
  • timeless_tales1.jpg