conversation1.jpg

Conversations with Myself

Bill Evans
自己との対話 /ビル・エバンス
Conversations with Myself FavoriteLoadingお気に入りに追加
録音年月日:1963
録音場所:ニューヨーク
レーベル:Verve
参加アーティスト:
Bill Evans,piano
収録曲:
ROUND MIDNIGHT ( Monk-Williams-Hanighen )
HOW ABOUT YOU ( Freed-Lane )
SPARTACUS - LOVE THEME ( Alex North )
BLUE MONK ( Monk )
STELLA BY STARLIGHT ( Washington-Young )
HEY THERE ( Adler-Ross )
N.Y.C.'S NO LARK ( Bill Evans )
JUST YOU, JUST ME ( Klages-Greer )
BEMSHA SWING ( Monk )
A SLEEPING BEE ( Capote-Arlen )

解説: 一般的にジャズの録音がいわゆる「一発録音(せーのでいっせいに演奏してする録音に対して現在のポップミュージックはリズムセクションから録音して最後にボーカルをとる多重録音が普通)」が当たり前だったこの当時、エバンスは既に演奏の編集にも着手しておりついには自身のピアノを最大3トラックであわせる多重録音にまで踏み切った。結果、このアルバムはグラミー受賞作品にまでなったのだが、これだけの技術を駆使した音楽は1963年3月22日にデビューアルバムを発表したビートルズよりも先だったといえる。
もちろん録音方法のアイデアだけでなく、音楽的にもエバンスはピアノストらしい表現を見事にこなしている。ラベルのような音楽的手法1曲目の「Round Midnight」で始まり、 SPARTACUSではオーケストレーションをフルに活用した表現となっている。また、Blue Monkなどテンポの速い曲ではリズムセクションとメロディーパートをうまく使い分け、各パートの表現技法に個性を与えることを惜しまないすばらしいアレンジである。

    Bill Evansが参加している他のアルバム
  • blues_abtr1.jpg
  • trio641.jpg
  • alone_again1.jpg
  • secret_sessions1.jpg
  • complete_vv1.jpg
  • artistry_of_bill_evans1