bernstein1.jpg

Bernstein: West Side Story Symphonic Dances and Songs

Labeque, Katia & Marielle
ウェスト・サイド・ストーリー /ラベック姉妹
Bernstein: West Side Story Symphonic Dances and Songs FavoriteLoadingお気に入りに追加
録音年月日:1988
録音場所:パリ
レーベル:Sony Music
参加アーティスト:
Katia Labeque, piano
Marielle Labeque, piano
収録曲:
Symphonic Dances (9) For Orchestra from "West Side Story":
Overture
Scherzando
Blues
Somewhere
(Scherzo). Andante
Mambo
Cha-Cha
Cool
Rumble
I Have a Love ...

West Side Story, Musical:
Something's Coming
Maria
America
Jet Song
One Hand, One Heart
I Feel Pretty
Tonight
A Boy Like That/I Have a Love

解説: レオナルド・バーンスタインの名作「ウエストサイド物語」をピアノ連弾とパーカッション向けにアレンジしたアルバムです。オスカー・ピーターソンが同曲のピアノトリオアルバムを録音していますが、こちらはわりとオリジナルに忠実なアレンジで、オーケストレーションやストリングスのニュアンスが綺麗に再現されています。この辺はやはりクラシックピアニストの腕前という感じです。

そもそもこのミュージカルをクラシックと呼ぶのがふさわしいのかもわかりませんが、クラシックをあまり聴かない方でも親しみやすい内容でセレクションはよりポップな曲を集めています。ピアノ×2+パーカッションという内容はちょっと珍しいですが、連弾になっている分音域を広くカバーしているので、ベーシスト不在の物足りなさを感じません。ピアニストの方は、このアレンジをヒントにジャズ版を演奏してみるのも良いのではないでしょうか?特にJet Song, Bluesあたりなどはジャズファンにはお勧めです。

    Labeque, Katia & Marielleが参加している他のアルバム